神戸でシミ取り治療|垂水|ピコレーザー|お肌の悩み解消

神戸でシミ取り治療|垂水|ピコレーザー|お肌の悩み解消

神戸市垂水区日向二丁目2-4 垂水日向ビル 2F(垂水区役所北側)

シミ取り治療 STAIN

神戸市垂水区のつかもと形成外科・創傷クリニックでのシミ取り治療のバナー画像

シミ取り治療に対する院長の想い

神戸市垂水区のつかもと形成外科・創傷クリニックでの院長の画像

シミ取り治療ページへのご訪問ありがとうございます。神戸にあるつかもと形成外科・創傷クリニックでは、シミやそばかす、肝斑が気になり、「シミ取りの治療方法は?」「ピコレーザーとQスイッチルビーレーザーどっちが良いのか?」「シミ取りの料金はいくらなのか?」など気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?当クリニックでは、シミの種類に応じて、適切な治療方法を選択し、最新のピコレーザーやQスイッチルビーレーザーを用いて治療します。シミは治療方法を誤ると、かえって悪化する可能性もある難しいお悩みです。シミの種類を把握し、シミを適切に治療したい方は、気軽に垂水駅徒歩3分のつかもと形成外科・創傷クリニックへお越しください。シミ取り治療は、健康的な肌を維持するために大切なステップです。神戸で信頼できる治療をお探しの方は、ぜひ当クリニックをご利用ください。当院は口コミでも人気があり、多くの患者様にご満足いただいております。

シミを改善させるには医療機関で施術を受けましょう

神戸市垂水区のつかもと形成外科・創傷クリニックでのシミ取り治療の画像

シミを改善させるには
医療機関で施術を受けましょう

シミは年齢を重ねるごとに目立ってきてしまう傾向にありますが、ケアすることもできます。ご自身でできることとしては、日焼け止めや日傘の使用、栄養素を摂ることなどです。できてしまったシミを改善するには、医療機関で施術を受けることを推奨します。当院では、質の高い治療を提供するため、さまざまな機器を導入しており、患者様に合った治療をご提案させていただきます。シミのケアは、健康な肌を維持するために大切です。当院は口コミでも人気があり、多くの患者様から信頼をいただいております。気軽にご相談いただければ、最適な治療法をご提案させていただきます。

神戸市垂水区のつかもと形成外科・創傷クリニックの肌診断機の画像

Re Beau2による肌診断

Re Beau2とは、精度の高い肌専用のカメラのことです。茶色いシミや紫外線によるシミ、くすみなど、カメラを用いて詳細まで確認することができます。シミの種類を見極めて、患者様に適した治療をご案内いたします。

このような場合は
ご相談ください

  • 化粧でシミを隠せない
  • シミができて老けて見える
  • 顔がくすんで見える
  • 化粧ノリが悪い

シミの種類

神戸市垂水区のつかもと形成外科・創傷クリニックでのシミの種類の画像

老人性色素斑

老人性色素班とは、日光性色素班とも呼ばれ、加齢とともに目立ちやすくなり、日光による紫外線が原因でできるシミを指します。世間一般に言われるシミがこの老人性色素班になります。治療機器は、ピコレーザーもしくはQスイッチルビーレーザーを使用いたします。

そばかす

幼少期より発現し、目の下を中心に存在する斑点を指します。夏になると目立つようになる特徴を持ちます。主な原因は色素沈着ですが、遺伝的なケースも多くあります。治療機器は、ピコレーザーを使用いたします。

肝斑

頬やあご、鼻の下に周辺にできる薄茶色のシミです。肝斑は、通常のシミよりも境界線がはっきりしません。女性ホルモンの乱れが原因と言われ、30代後半以降の女性に多く見受けられます。治療方法は、内服薬と生活習慣指導等のご案内をさせていただきます。

炎症後色素沈着

炎症後色素沈着とは、にきび跡や外傷、やけどなどで皮膚が炎症を起こした部分に色素沈着することによりできるシミです。治療方法は、ピコレーザーでピコフラクショナルという施術をご案内する場合もございます。

ADM

ADMとは、思春期より発現し始め、両頬骨あたりにできる小さな灰色のシミを指します。肝斑との合併もよく見られるケースであり、判断が難しいシミになります。治療機器は、ピコレーザーもしくはQスイッチルビーレーザーを使用いたします。

脂漏性角化症

脂漏性角化症とは、光沢のないザラザラとしたしみで、老人性いぼとも呼ばれています。放置しておくと痒くなったり、引っかかるため、早めの治療をおすすめしております。治療機器は、エルビウムヤグレーザーやグラインダー等を使用いたします。

シミ取りの治療チャート

神戸市垂水区のつかもと形成外科・創傷クリニックでのシミ取りの治療チャート
神戸市垂水区のつかもと形成外科・創傷クリニックでのシミ取りの治療チャート

当院の治療方法

神戸市垂水区のつかもと形成外科・創傷クリニックのピコレーザーの画像

ピコレーザー

シミの原因となるメラニンにのみ反応するレーザーを使用しており、即効性が高く、治癒効果も高い治療法です。従来のシミ取りレーザーに比べて痛みや皮膚へのダメージが少なく、ダウンタイムも少ないことが特徴です。

ピコレーザーの特徴

  • シミ消し効果が高い
  • ダウンタイムが短い(テープを貼らなくて良い)
  • 広範囲のシミ取り・そばかす治療にも対応

料金

治療法1回5回
各種ピコシュア照射
・ピコシュアフェイシャルハードスポット
・ピコシュアフェイシャルハードトーニング
・ピコシュアフェイシャルトータル
・メンズピコスポット100
22,000円88,000円
(1回あたり17,600円)

※表示金額は全て税込みです

神戸市垂水区のつかもと形成外科・創傷クリニックのQスイッチルビーレーザーの画像

Qスイッチルビーレーザー

主にシミやそばかす、青アザなどの色素疾患の治療を目的に開発された医療用レーザーで、少ない回数できれいにシミを除去することが可能です。傷跡を残さずにメラニン色素のみを安全に治療することができます。

Qスイッチルビーレーザーの特徴

  • シミの周囲へのダメージが少ない
  • 目立つシミが1回で取れることが期待できる
  • 効果のムラが少ない

料金

治療法料金
Qスイッチルビーレーザー
(1cm以上のしみ)
9,900円
(ショット数無制限)

※表示金額は全て税込みです

施術の流れ

1

シミカウンセリングで予約もしくは保険診察

ホームページ・お電話でまずはシミカウンセリング予約もしくは保険診察のご予約をお取りください。
2

肌診断機撮影

re-beau2という肌診断機を用いて、肌の撮影を行います。
3

カウンセリング

患者様のご要望を丁寧にお伺いいたします。
4

診察

シミの種類と理想イメージを踏まえて、適切な治療方法をご提案します。
5

施術

医師、または看護師が丁寧に施術します。
※施術枠に空きがある場合は、当日施術可能です。

よくあるご質問

Q

1回の治療できれいになりますか。

A

1回で取れるシミもありますが、複数回必要な場合もございます。 詳しくはカウンセリング時にご説明させていただきます。

Q

施術時間はどのくらいですか。

A

1回の治療は5分~30分程度となります。

Q

痛みはありますか。

A

ゴムではじかれたような痛みが出ることがあります。心配な方には表面麻酔の塗布も可能です。

Q

レーザー照射後、皮膚はどうなりますか。

A

直後、赤みが出たり、1~2週間程度かさぶたが生じる場合がございます。また、体質によっては一時的に炎症後色素沈着が出る場合がございます。

費用

カウンセリング

区分 料金
カウンセリング費用1,100円

※表示金額は全て税込みです
※保険適用となる場合もございます

ピコレーザー

治療法1回5回
各種ピコシュア照射
・ピコシュアフェイシャルハードスポット
・ピコシュアフェイシャルハードトーニング
・ピコシュアフェイシャルトータル
・メンズピコスポット100
22,000円88,000円
(1回あたり17,600円)

※表示金額は全て税込みです

Qスイッチルビーレーザー

治療法料金
Qスイッチルビーレーザー
(1cm以上のしみ)
9,900円
(ショット数無制限)

※表示金額は全て税込みです

お支払方法

つかもと形成外科・創傷クリニックでは、
下記のお支払方法が可能です。
神戸市垂水区のつかもと形成外科・創傷クリニックの現金支払いの画像 現金 現金でのお支払い
神戸市垂水区のつかもと形成外科・創傷クリニックでのクレジットカード払いの画像 クレジットカード VISA/JCB/
Mastercard/など
神戸市垂水区のつかもと形成外科・創傷クリニックでの医療ローンの画像 医療ローン 低金利分割払いでの
お支払い
※現在準備中と
なります。
神戸市垂水区のつかもと形成外科・創傷クリニックでの電子マネー支払いの画像 電子マネー 各種電子マネーでの
お支払い

注意点・リスク・副作用

・施術部分をケガしている場合は、治療できない可能性があります。
・妊娠中もしくは授乳中の方は、治療できない可能性があります。
・皮膚に炎症がある場合は、治療できない可能性があります。
・日焼けしている場合は、治療出来ない可能性があります。